三菱商事など、革新的な炭素除去技術の普及・促進を目的としたNextGen CDR Facilityについて発表

東京, April 27, 2023 – (SEAPRWire) – 三菱商事株式会社(以下、「当社」)は、世界最大手のカーボンクレジット創出を手がけるスイスのSouth Pole社と、大気中の二酸化炭素除去に関する革新的な技術(以下、「技術系CDR*1」)の普及・促進を目指し、NextGen CDR Facility(以下、「NextGen」)を設立しました。NextGenでは国際的な品質基準であるICROA*2に準拠した高品質な技術系CDR由来のカーボンクレジットを扱い、クレジットの買い手と売り手(プロジェクト)をつなぐことにより、市場拡大に必要な基盤を構築する役割を果たして参ります。 設立後、NextGenは以下3つのプロジェクトから世界最大規模となる累計約20万トンの技術系CDRクレジットの長期購入契約を締結しました。 – 米Summit Carbon Solutions社が推進する世界最大級のBiomass Carbon Removal and Storage (BiCRS*3)プロジェクト – 米1Point Five社が推進する世界最大級のDirect Air Capture and Storage (DACS*4)プロジェクト – フィンランドCarbo Culture社が推進するバイオ炭*5プロジェクト 今後2025年迄に累計100万トン以上の技術系CDRクレジットの購入を目指し、同市場の拡大を支援していきます。 また、NextGenにはCDR業界を牽引する商船三井、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、LGT、Swiss Re、UBSがクレジットの買い手として参画しています。第三者認証を取得した高品質な技術系CDRクレジットの買い手と売り手(プロジェクト)をつなぐことにより、市場の拡大に寄与します。また、クレジットの目標平均価格を市場価格比競争力のあるUS$200/トンに設定し、企業が長期的に技術系CDRクレジットを調達できるモデルを導入することで、より多くの買い手が市場にアクセスしやすくなる仕組みを構築します。NextGenに参加する企業は、NextGenを通じてBiCRS、DACS、バイオ炭を始めとする多様な技術系CDRからなるポートフォリオを構築することが可能になります。 2023年3月に発表された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の統合報告書では、産業革命前からの地球の気温上昇を1.5度以内に抑えるために必要なCDRの普及が世界的に「大幅に不足している」と強調されています。気候変動の深刻な影響を回避するためには、2030年迄の間に年間約10億トンのCDRを新たに追加する必要がありますが、市場はまだIPCCが求めるレベルに達していません。今回のNextGenによる技術系CDRクレジットの購入量は、これ迄の同市場の全ての累計取引量の約25%を占め、同市場拡大に向けた大きな試金石となると共に、2025年迄に累計100万トン以上の技術系CDRクレジットの購入契約を締結するというNextGenの目標達成に向けた取り組みの始まりです。当社はNextGenを通じて、技術系CDR市場を創出・牽引することで、世界の低・脱炭素化に貢献して参ります。 NextGen 各社からのコメント South Pole – Chairman of NextGen and Global Director of Tech Carbon Removals, Philip Moss 技術系CDRの市場規模を拡大するNextGenの取り組みは今回の購入によって大きく前進し、2025年までに100万トンの技術系CDRクレジットを購入する目標実現のための明確な道筋ができたことになります。これらの先行購入は、炭素除去の独立した認証を保証することで品質基準を確立するだけでなく、バイヤー各社のコミットメントにより、台頭する多くのCDRプロジェクトや歴史的排出を除去する技術への資金調達が可能になります。 三菱商事 – […]

Tell the story of China and convey Chinese taste: Meijian shines at the United Nations Chinese Language Day

The Eastern elegance contained in Chinese plum liqueur is becoming popular overseas. Paris, France, April 27, 2023 – (SEAPRWire) – In the celebration of this year’s United Nations Chinese Language Day, Chinese plum liqueur brand Meijian was the only invited Chinese liquor brand to bring the charm of the Eastern culture and Chinese elegance to […]

Legacy Suite Adopts AI Development, Such as ChatGPT, for Digital Assets in Blockchain Industry

Recent advancements in AI are transforming blockchain technology in various industries with the enhancement of security and efficiency. NEW YORK, NY, April 27, 2023 – (SEAPRWire) – Legacy Suite, a developer of digital asset management solutions, continues to add the latest in AI technology, like ChatGPT, which is revolutionizing the way people invest and use digital […]

エクイニクスと日立が協業を強化

DXを通じてサステナブルな社会や事業の実現へ 東京, April 26, 2023 – (SEAPRWire) – 株式会社日立製作所(執行役社長兼 CEO:小島 啓二/以下、日立)と Equinix Inc.(プレジデント兼CEO : チャールズ・マイヤーズ/以下、エクイニクス)は、このたび、協業強化に向けた MOU を締結しました。この MOU のもと、エクイニクスが Lumada アライアンスプログラム*1 に参加し、両社でデジタルソリューションの開発、展開、活用のサイクルを通じて、社会課題に取り組んでいきます。 これまで、日立とエクイニクスは長年パートナーとして、エクイニクスのデータセンターサービスと日立のストレージを中心とした共同ソリューションを提供・拡充してきましたが、昨今の SX(サステナブルトランスフォーメーション)と DX(デジタルトランスフォーメーション)の加速および両立が求められる市場環境を鑑み、両社の協業を継続的に強化させます。 具体的には、エクイニクスは、日立が Platform Equinix® を活用して、環境配慮型ストレージソリューションをベースに、EverFlex from Hitachi*2 として高品質でサステナブルなハイブリッドクラウドソリューションをグローバル展開することを支援します。 また、検証センターである「Enterprise Hybrid Cloud Solution Center」を開設し、ハイブリッドクラウドやマルチクラウド環境において、Platform Equinix 上でストレージソリューションの検証を行います。 今後、両社は、日立における Lumada のエコシステムと、エクイニクスが持つ世界最大級のパートナーエコシステムを活用し、技術やノウハウを組み合わせながら、DX を一層加速させるソリューションの拡充を図っていきます。 ■日立製作所 執行役副社長 デジタルシステム&サービス統括本部長 德永 俊昭のコメント 「世界各地で相次ぐ異常気象・自然災害やそれに伴うサプライチェーンの分断、国際的な経済摩擦、さらには感染症の拡大など、私たちの社会が抱える課題は複雑化・多様化の一途を辿っています。このような環境下において、日立は、「グリーン」、「デジタル」、「イノベーション」を次の成長を担う課題解決手段として、社会とお客さまに提供する「社会イノベーション事業」に注力しています。「デジタル」の領域においては、日立が有する多様なプロダクトをデジタル技術で高付加価値化するとともに、パートナーさまとの協創により、新たな Lumada ソリューションの創出をめざしています。今回、エクイニクスさまとのアライアンス強化により、環境に配慮しながら膨大なデータを超高速に活用することを可能にするサステナブルなハイブリッドクラウドソリューションを提供できるようになることを大変うれしく思います。今後、エクイニクスさまとともに、お客さまの業務や、社会インフラの DX を通じてサステナブルな社会や事業を実現していきます。」 ■Equinix Inc. […]

AiHouse Debuted in Milan Design Week 2023, with an Exceptional Design and Rendering Project for Poliform

April 26, 2023 – (SEAPRWire) – AiHouse, a leading Chinese design software company specializing in interior design and rendering, has teamed up with Poliform, a renowned Italian furniture company, to create an exceptional design and rendering project. The project is presented at Milan Design Week 2023, the most significant event in the world of design, […]

双向赋能专精特新 显科技底色 联控价值可期

香港, April 25, 2023 – (SEAPRWire) –  据AAstock报道,上月24日,港交所宣布推出新特专科技公司上市机制,进一步扩大香港上市架构,以支持更多公司集资和实践创新理念,同时也为创新领域公司连通资本市场奠定基础。大公报亦指出,在人工智能、元宇宙等创新技术不断涌现的当下,技术创新已成为驱动可持续发展的源动力,尤其早前工信部启动的第五批专精特新「小巨人」企业培育工作更是再次提升了对于创新技术企业的关注,不难看出,作为中小企业中的「佼佼者」,「专精特新」企业受重视程度不断攀升,助力该类企业的发展更是已成为各界共识。 在支持「专精特新」企业发展方面,除政策因素外,龙头企业的带头和扶持作用同样不可或缺,在契合国家发展战略方向的同时,亦能产生优良回报。近年来,联想控股(3396.HK)积极打造与专精特新企业协同高效的创新格局,重点聚集「硬科技」赛道,行业涵盖新材料、新能源、人工智能等多个国家重点攻关的科技领域。其年度业绩公告显示,联控2022年累计所投企业中,有近150家属于科技类型公司,而其中更有95家入选国家级专精特新企业名单。笔者了解,作为一家聚焦产业运营与投资的集团公司,联控与旗下各基金平台和成员企业,通过股权投资、投贷联动、深度孵化、投后赋能等方式,为「专精特新」企业提供融资、融智,助力企业有效解决所在行业核心技术难题,为他们的长远发展添势蓄能。 其旗下企业,以君联资本为例,亦积极响应「专精特新」,深耕科技创新机会,主动融入国家发展大局,在国家战略新兴产业开展密集投资。截至目前,君联在专精特新方向上已累计投出144家企业,其中国家级「小巨人」53家,占比约40%。此外,君联资本还有15家企业/产品被评为制造业单项冠军,15家企业被认定为国家级企业技术中心,52家企业认定为省级企业技术中心,为弥补我国在关键领域的短板、有效解决「卡脖子」难题贡献力量。 不仅如此,联控还推动这些「专精特新」企业纳入合作生态来实现「双向赋能」,在助力「小巨人」企业飞速发展的同时,作为股东和合作伙伴的联控也将同样迎来企业价值的长期带动与提升。 此外,资本市场的改革对于「专精特新」中小企业发展的影响不言而喻。2月17日,中国证监会发布实施全面实行股票发行注册制相关制度规则,在提升资本市场包容性和开放性的同时,聚焦支持科技创新这个关键领域。全面注册制和港交所新特专科技公司上市机制的推出,对资本市场是两项重大利好政策,而笔者也相信,像联控这类的企业,将充分受益于该类政策的出台与落实。过去三年,联控累计推动了超60家企业上市,在行业内也属领先梯队,预计未来随着更多科技类被投企业陆续登陆境内外资本市场,联控多年来在半导体芯片、新能源、新材料、人工智能等专精特新产业上的投入和布局亦会逐步兑现其于资本市场上的显性价值,也将得到市场越来越多的关注与认可。 长期来看,联想控股在充分受益于内地和香港利好政策的情况下,将继续深化其早前提出的「产业运营,科技创新」长期发展战略,持续助力「专精特新」中小企业发展,在获得价值释放的同时,持续创造新价值,目前公司股价处于低位,建议低吸,中长线持有。 话题 Press release summary 部门 Daily Finance, Daily News https://www.acnnewswire.com From the Asia Corporate News Network Copyright © 2023 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network. The article is provided by a third-party content provider. SEAPRWire ( https://www.seaprwire.com/ ) makes no […]

日立、英国で鉄道車両のメンテナンス延長契約を約500億円で締結

数百名の雇用を確保し、英国のサプライチェーンを支援 東京, April 24, 2023 – (SEAPRWire) – 株式会社日立製作所(以下、日立)の鉄道システム事業におけるグループ会社である日立レール社は、このたび、英国の Great Western Railway(以下、グレート・ウェスタン・レールウェイ社)、鉄道車両リース会社である Eversholt Rail(以下、エバーショルト・レール社)と、鉄道車両のメンテナンス延長契約を約 3 億ポンド(約 500 億円)*1 で締結しました。グレート・ウェスタン・レールウェイ社が保有する英国南西部のクラス 802 インターシティ車両 36 編成を、2028 年までメンテナンスします。英国のサプライチェーンに多額の投資をもたらし、車両運行の信頼性を向上させます。 対象車両の導入以来、日立レールが 94%以上も信頼性を向上させた実績が評価され、契約延長が決定されました。この着実な信頼性の向上は、2018 年以来、デジタル最適化されたメンテナンスへの継続的な投資の成果です。この 「常に改善する」 アプローチの重要性は、クラス 802 車両が 2022 年夏に、28,357 マイル(45,636km)の平均故障間隔を達成し、過去最高の月間信頼性を記録したことからも証明されています。 日立レールは今後も、グレート・ウェスタン・レールウェイ社とその乗客の利便性を向上させるために、デジタルメンテナンスに投資を続けます。この投資には、車両遠隔監視などの革新的なデジタルソリューションが含まれており、台車や輪軸のメンテナンスによるダウンタイムを大幅に削減できます。 今回の契約により、英国南西部の車両基地で 500 名以上の高度なスキルを持つ人財を雇用します。また、クラス 802 車両のメンテナンスの大部分はプリマスのライラ車両基地で行われます。それに加えて、ペンザンス、エクセター、プリマスなどの主要駅に近い場所で車両をメンテナンスすることで、車両の稼働率が向上し、車両の運用が最適化されます。 グレート・ウェスタン・レールウェイ社のインターシティ車両のメンテナンス契約延長により、英国のサプライチェーンへ直接年間 7,000 万ポンド(約 117 億円)の投資が行われます。 日立レールは鉄道車両メンテナンス事業を通じて人と英国のサプライチェーンを最優先に考え、英国全体で年間 4 億 6,200 万ポンド(約 772 億円)の経済効果をもたらします。 ■日立レール社 Chief Director […]

ReserveBlock Releases Peer-to-Peer Auction and Collection Features Within the RBX Native Core-Wallet Enabling True On-Chain Marketplaces and Empowering Self-Custody

Miami, Florida, April 24, 2023 – (SEAPRWire) – ReserveBlock RBX (ReserveBlock.io), an open-source and decentralized native layer 1 protocol that democratizes both validating and on-chain tokenization of assets for everyone, has released its p2p auction and collection features in the RBX core-wallet, enabling any creator, owner, or issuer to initiate self-custody marketplaces without a third-party. […]

CJPT、燃料電池小型トラックを東京都に導入開始

豊田, April 21, 2023 – (SEAPRWire) – Commercial Japan Partnership Technologies株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:中嶋 裕樹、以下CJPT)*1は、カーボンニュートラルの実現に向け、お客様の使い方に応じ選択肢を広げるとともに水素の需要拡大による水素社会実現への貢献が期待できる燃料電池(FC)小型トラックの企画・開発を共同で行ってまいりました。 このたび、実際の物流現場で商用電動車を活用いただく社会実装プロジェクト*2において、東京都にFC小型トラックが導入開始されました。参画パートナーである荷主・物流事業者様や東京都と連携し、普及に向けたモデル構築への第一歩を踏み出します。 CJPTは、これからも商用電動車の本格普及に向けFC小型トラックを順次導入し、取り組みを加速してまいります。 本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。 https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/39125426.html 概要:トヨタ自動車株式会社 詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。 トピック: Press release summary Source: Toyota Motor Corporation セクター: Automotive https://www.acnnewswire.com From the Asia Corporate News Network Copyright © 2023 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network. The article is provided by a third-party content provider. […]

TrustFinance Launches Digital Platform to Foster Transparency and Collaboration in Financial Services

Singapore, April 21, 2023 – (SEAPRWire) – TrustFinance, a digital platform dedicated to promoting transparency and collaboration in the financial industry, has launched to provide consumers and businesses with a dependable and transparent means to evaluate and compare financial companies. The platform offers a range of tools and features designed to assist users in finding […]

ソニーグループ、冷温の自動切り替え機能を新搭載したウェアラブルサーモデバイス『REON POCKET 4』を発売

冷温の自動切り替え機能※1を新搭載。同時発売のセンシングデバイスと連携。冷却機能もさらに進化。 東京, April 20, 2023 – (SEAPRWire) – ソニーグループ株式会社は、ウェアラブルサーモデバイスキット『REON POCKET 4(レオンポケットフォー)』を、本日より発売します。首元に装着して本体接触部分の体表面を直接冷やしたり温めたりできる「REON POCKET」シリーズの第4世代です。従来比※2最大約2倍※3の駆動時間と最大約1.2倍※4の吸熱性能を実現しています。 加えて、周辺の温度や湿度を検知するウェアラブルセンシングデバイス『REON POCKET TAG(レオンポケットタグ)』も同時に発売します。検知した温度や湿度は、スマートフォン向けの専用アプリでリアルタイムに確認できます。 また、『REON POCKET 4』と『REON POCKET TAG』を連携させることで、冷温の自動切り替えができる新たな機能「SMART COOL⇔WARM MODE(スマートクール・ウォームモード)」が使用できます。寒暖差が大きく冷温の切り替え頻度の多いシーンにおいても、スムーズな切り替えが可能です。 本リリースの詳細は下記をご参照ください。 https://www.sony.com/ja/SonyInfo/News/Press/202304/23-014/ 概要:ソニー 詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。 トピック: Press release summary Source: Sony セクター: Cloud & Enterprise, Digitalization https://www.acnnewswire.com From the Asia Corporate News Network Copyright © 2023 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network. The […]

CryptoBucks Secures European Crypto License: Set to Expand Presence in the EU Market

MIAMI, FL, April 20, 2023 – (SEAPRWire) – Cryptobucks, a leading global cryptocurrency exchange, has announced that it has been granted a new cryptocurrency license in Europe. This milestone achievement comes as Cryptobucks expands its presence in the European market, bringing its secure and reliable trading platform to investors and traders alike. With this new license, […]