CNN、「Next Big Trip」で日本の秘境の隠れた魅力を発見

東京– Nov 21, 2023 – (SeaPRwire) – 今回の「Next Big Trip」のエピソードでは、CNNは日本で最も人口の少ない2つの都道府県、鳥取県と島根県を訪れます。この2県には新幹線が通っていないため、観光客には見過ごされがちです。シニア国際特派員のウィル・リプリーが、スローペースで旅し、鳥取県と島根県の息をのむような風景や予期せぬ宝を探索します。また、湖や山に囲まれた個性的な保養地があり、日本有数の新鮮な魚介類に恵まれた富山県西部も訪ねます。 CNNの最初の目的地は、毎年神々が集うといわれる島根県。リプリーは日本最古の神社の1つである出雲大社を訪ねます。人々は一番の願い事である、愛を祈願するために参拝します。島根は日本酒発祥の地でもあり、佐香神社は神々が酒を楽しむために集まる場所とされています。地元の蔵元である今岡稔晶氏は、酒造りの成功を祈願するため寺を訪れます。リプリーは彼の酒蔵を訪ね、伝統的な酒造りの技術を学び、お酒を嗜みます。リプリーはまた、この地域で最高級の旅館である星野リゾートが運営する「界 玉造」の温泉に浸かります。温泉のアルカリ成分は汚れを取り除き、肌を浄化し、その湯はリウマチなどの症状を改善するとさえ考えられています。 それから、CNNは急な斜面を持つ三徳山への登山に挑むため、鳥取県へと向かいます。三徳山は危険な断崖絶壁であるため、単独での登山は禁止されており、安全が確保できると確認された登山靴が必須となっています。ガイドのミフネ・トシ氏はリプリーを案内し、日本で最も危険な場所にあり、国宝にもなっている投入堂を目指します。ここでは、山は崇められ、尊敬される場所であり、過去1300年間にわたり、登山の精神をもった参拝者たちがこの危険な登山に挑んでいます。CNNはその後、日本海沿いの10マイル(約16キロ)に及ぶ砂丘を探索します。リプリーは砂丘の上で高さ150フィート(約46メートル)にも達するパラグライディングを体験します。しかし、砂嵐の被害を防ぐための植林プロジェクトによって、砂丘の大きさは100年前のわずか12%になり、この光景は縮小しています。 最後に、CNNは富山県に向かい、富山湾に面した新湊漁港で、富山湾特産のベニズワイガニの活気ある競りを見学します。伊藤シェフは、旬のメニューのために船から揚がったばかりの白エビを試食するためにここに来ました。彼は、築200年のアズマダチ(古民家の様式)をリノベーションしたアートホテルの高級レストラン「Il Clima(イル クリマ)」にリプリーを招待します。大阪で生まれ、ヨーロッパで修業を積んだ伊藤シェフは、地元の食材を使ったイタリア料理を提供しています。その後、地元観光協会の林口砂里氏が、CNNを砺波平野を見渡せる展望台に案内します。この地域は「散居村」(民家が点在する集落形態)として知られ、8世紀から米の栽培に携わる伝統的な農家の家々が広大な水田の中に点在しています。 Next Big Trip の予告編: bit.ly/3R0bCDP  Next Big Trip の画像: bit.ly/3sACctY 30 分スペシャルの放送時間: 11月19日(日)、午前5:00(日本時間) 11月19日(日)、午後2:30(日本時間) 11月20日(月)、午後1:00(日本時間) CNNインターナショナルについて CNNはテレビ・オンライン・モバイルなど様々なデバイスを介し、世界7カ国語、4億7,500万以上の世帯にニュース、情報サービスを提供しています。CNNインターナショナルは、ヨーロッパ・中東・アフリカ・アジア太平洋・中南米における主要メディアの視聴調査で国際テレビニュースチャンネルとしてNo.1の評価を得ており、アメリカ国内でもCNNgo(OTT:オーバーザトップ)を含め、高いプレゼンスを有しています。CNNデジタルはオンライン、モバイル、ソーシャルメディアで様々なニュースを配信しています。CNNは、デジタル・イノベーションの最先端企業として、視聴者の膨大な視聴行動データを保有し、デジタル・プロパティや、戦略的なコンテンツ・パートナーシップなどにも多大な投資を続け、報道分野においては世界中で様々な栄誉ある賞を受賞しています。加えて、CNNインターナショナルの報道番組以外の部門では、毎年1,000時間を超える長時間番組シリーズ、ドキュメンタリー、特別番組を制作しています。CNNは世界に36の編集部を持ち、CNN Newsourceを通じて1,100以上の系列局と提携しています。CNNインターナショナルはワーナーブラザース・ディスカバリーの事業部の1つです。 日本におけるチャンネル名であるCNNjは、CNNの長年に渡るパートナーである株式会社日本ケーブルテレビジョン(JCTV)により、全国655万以上の世帯、ホテル、官公庁や法人などに配信されています。 CNNjの視聴に関するお問い合わせ CNNj視聴者センター 03-3568-8240(平日10:00-18:00) または、ウェブサイト https://www2.jctv.co.jp/cnnj/ まで。 お問い合わせ先: Bipasha Bhattacharya トピック: Press release summary Source: CNN セクター: Media & Marketing, Travel & Tourism, Broadcast, Film & Sat, Daily News https://www.acnnewswire.com From the Asia Corporate News […]

凱知樂kkplus kidsland打造全港首個聖誕大型Care Bears企劃,首週末營業額突破百萬港元

迎接聖誕佳節消費潛力 融合Y2K風潮吸引年輕消費者 擴闊銷售目標群 香港 – Nov 20, 2023 – (SeaPRwire) – 中國內地最大玩具零售及代理商凱知樂國際控股有限公司(「凱知樂」或「集團」;股份代號:2122)旗下潮流玩具平台kkplus kidsland聯乘冠君產業信託(股份代號:2778)引進人氣IP Care Bears(TM),於11月10日至1月1日期間在朗豪坊商場4樓通天廣場帶來全港首個聖誕大型Care Bears企劃,首週末銷售表現十分理想,銷售額超過百萬港元,成功抓緊潮流大勢及新世代顧客所帶來的機遇。 Care Bears源自於80年代美國賀卡設計,每個角色均配上不同顏色和圖案,色彩繽紛奪目,深受新世代顧客追捧。是次企劃融合千禧Y2K元素作為設計重心,以「Care Bears Express」聖誕列車為主題,打造多個具節日色彩的打卡點。除了展出30隻各有不同的Care Bears角色及載有300隻Care Bears的特色車廂外,更設有2米巨型Grumpy Bear及5米高巨型聖誕樹,以及長逾40米的Care Bears彩虹天梯。另場內亦設立售賣過百款Care Bears精品及冬天時裝潮物的期間限定店,成功吸引一眾Z世代蜂擁而至拍照和購物。 凱知樂主席兼行政總裁李澄曜先生表示:「凱知樂透過潮流玩具平台kkplus kidsland積極與不同品牌跨界合作及互動,希望能夠為顧客帶來世界各地的潮流及收藏玩具產品。集團看準新世代的消費潛力,與城中型人的潮流熱點朗豪坊打造年輕客戶群喜愛的Y2K體驗,迎合市場需求和趨勢。此舉有助集團擴大客戶覆蓋面,同時帶動集團銷售增長。」 kkplus kidsland為多品牌潮流及收藏玩具平台,提供獨特的產品類別及藝術館式的購物體驗。除多個香港本地品牌外,也與來自美國及日本等地的國際品牌合作,包括推出多款與在全球廣受歡迎的知名IP合作的產品,例如我係小忌廉、Care Bears、Lulu the Piggy及Leeeeeetoy等。集團不斷革新,現時的多元化產品組合包括20多個世界各地的品牌及15個本地品牌,針對不同口味的消費群,持續開拓高增長的潮流玩具市場。 「Care Bears Express」聖誕列車亮燈儀式為企劃揭開序幕 關於凱知樂國際控股有限公司(股份代號:2122) 凱知樂國際控股有限公司(「凱知樂」或「集團」)於中國內地從事玩具及相關生活形態產品為主的零售、批發、電商及品牌營運,為中國領先的玩具零售及代理商,擁有超過20年的行業經驗及代理經銷一系列世界知名頂尖品牌。集團擁有國內完善的線上、線下融合的銷售網絡。集團線下自營零售體系包括kidsland玩具專賣店、樂高認證專門店、FAO Schwarz旗艦店及kkplus kidsland。 傳媒查詢: 縱橫財經公關顧問有限公司 李惠兒  電話: (852) 2864 4834 許諾誼  電話: (852) 2114 4318 www.sprg.asia 話題 Press release summary […]

Innohas Air-Transports Frozen Kimbap to the U.S., Delivering the ‘Taste of K-Food’ to Local Consumers

SEOUL, KOREA – Nov 20, 2023 – (SeaPRwire) – Innohas, an innovator in the food industry, is set to airlift a remarkable shipment of 44,000 frozen kimbap to the United States. This decision represents a significant departure from the conventional sea freight methods commonly employed for food exports, especially frozen items. The industry standard deems […]

3D Chess Media Releases Research on ‘Ranking of Aggressive Credit Repair Companies’

Understanding the long-term benefits of credit repair goes beyond financial gains, encompassing aspects such as emotional well-being and future financial planning. LAS VEGAS, NV – Nov 20, 2023 – (SeaPRwire) – Recently, 3D Chess Media has released the report on ‘Ranking of Aggressive Credit Repair Companies’. Related link: https://money.com/best-credit-repair-companies/?z=a The world of finance is vast, […]

World Premiere: DOOGEE Unveils the Future of Rugged Smartphone-V30 Pro

New York, NY, November 17, 2023 – (SeaPRwire) – DOOGEE, a renowned innovator in the rugged and smart devices industry, has just taken the wraps off their latest masterpiece – doogee v30 pro. This new flagship rugged smartphone is set to redefine the way people perceive and experience mobile technology, and it’s now available for […]

華住出席進博會全球招商與投資中國閉門晚宴 搭建橋樑積極佈局中東市場

香港, November 16, 2023 – (SeaPRwire) – 中國國際進口博覽會國際投資與金融合作論壇在國家會展中心(上海)舉行,本次論壇以「數位賦能創新驅動,構建投融資國際合作新局面」為主題,中方政府部門和有關機構領導,駐華使節和外方嘉賓,國內金融領域專家學者,海外金融機構代表,金融、經貿界代表等共同參與。華住集團有限公司(「華住」或「集團」,納斯達克股份代號:HTHT,聯交所股份代號:1179.HK)旗下上海古北禧玥酒店作為此次阿拉伯參展團接待酒店,第一時間成立接待小組協調事項有序推進,為阿拉伯參展團提供符合阿拉伯接待禮儀、宗教習慣的特色服務,專屬廚具及定製佳餚等,解決一切生活所需,彰顯出禧玥酒店致力於傳承中國世代風雅,為住客提供雅緻生活的品牌理念。同時,華住集團亞太區總裁朱小剛作為唯一中國酒店業代表受邀出席「全球招商與投資中國閉門晚宴」,並就與中東地區未來合作發表主題講話。 華住集團亞太區總裁朱小剛受邀出席全球招商與投資中國閉門晚宴 華住集團作為全球發展最快的酒店集團之一,客房數量排名全球第六。截至2023年9月30日,華住在18個國家開設31個酒店及公寓品牌,運營9,157家酒店,擁有885,756間客房,旗下會員超過2億名。華住深耕中國市場,目前在全國超過1,000個城市開設超過9,000家酒店,經營31個酒店品牌,並不斷開拓下沉市場機會,持續擴展酒店網絡。同時,積極佈局國際市場,目前在3大洲運營8大酒店品牌,已開設129家酒店,及35家新酒店正在籌備中。龐大的酒店網絡及忠實的會員體系助力華住不斷獲取新市場機遇,形成強大的品牌鏈路。 聚焦沙特巨大市場潛力 華住鎖定中東佈局 沙特阿拉伯擁有大量的酒店管道項目,市場潛力巨大,且政府在「Vision 2030」中亦指出,通過開放娛樂、旅遊等新產業,推動投資法規和社會改革,為企業創造更有衝勁活力、開放和現代化的營商氛圍,助力經濟多元化發展。以公共投資基金(PIF)和旅遊發展基金(TDF)為兩個重要抓手,投資項目主要集中在包括“GIGA Project”,利雅得、吉達等主要一線城市及宗教聖地(麥加,麥地那),並逐漸覆蓋至部分二線城市,增強旅遊產品吸引力,吸引投資機會,開發和完善沙特旅遊生態系統。巨大的市場發展潛力及當地政府的財政支持,與華住佈局中東的長期發展戰略不謀而合,華住亦藉此鎖定中東市場,持續提升海外市場份額。 華住集團旗下上海古北禧玥酒店內景 中阿雙方開展深度合作 華住憑硬實力進軍中東 在「一帶一路」和多邊貿易往來進入高質量發展階段的同時,中國持續與阿拉伯國家地區開展更深層次的合作交流。據統計,2023年中国至沙特航線的座位容量為450万,预计2025年将达到600万,運力的持續提升將繼續帶動中阿雙方的貿易合作,刺激雙方旅遊行業的快速發展。今年7月,香港特別行政區行政長官與沙特阿拉伯通訊與資訊科技大臣會面並共同見證11家本地企業簽署進軍沙特市場備忘錄。華住作為11家企業之一,在中東地區早有佈局,備忘錄的簽署進一步增強了華住在中東地區的資源網絡,更好地連接沙特市場,為集團業務版圖全球化擴展建立一個高效連通的價值平台。目前,華住集團在中東地區共運營3個酒店品牌,其中在海灣阿拉伯國家(GCC Countries)已開設9家酒店。同時,作為華住集團主要業務運營地區的中國及德國,亦為沙特乃至中東地區重要的客源市場,雄厚的客源基礎為華住紮根中東打下了堅實基礎。此外,為提供更符地區特色的專業化高質量酒店服務,華住已在迪拜開設辦事處並計劃於2024年在利雅德開設新辦事處,資深的團隊體系及豐富的運營經驗更易實現本土化運作,協同發展促進華住於中東的戰略佈局。 中國和中東地區的持續緊密合作為華住進一步出海佈局搭建了合作橋樑,依託中東地區在酒店住宿行業的巨大市場潛力,華住緊抓市場機遇,以資深的管理團隊,充分的運營經驗,以及堅實的客源基礎為基石,繼續佈局中東市場,提升海外市場份額,引領中國旅遊住宿行業不斷開拓海外市場,構建良性發展業態。 話題 Press release summary 部門 Hospitality https://www.acnnewswire.com From the Asia Corporate News Network Copyright © 2023 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network. The article is provided by a third-party content provider. […]

蘋果公佈第四財季業績,iPhone中國市場創當季銷售新高

香港, November 15, 2023 – (SeaPRwire) – 近日,蘋果公佈2023財年第四財季業績,儘管總營收為895億美元,同比去年下跌1%,惟淨利潤錄得同比增11%,約為230億美元。其中iPhone手機銷售收入約佔50%為438億美元,同比去年增長約3%。此外,服務收入創下歷史新高,約為223億美元,同比去年增長約16%。 分區域來看,儘管蘋果在大中華區的營收因受匯率影響錄得同比下降2.5%,蘋果CEO庫克於電話會上分析指出,iPhone在中國大陸地區的營收創季度新高,不計匯率波動影響則營收為增長;過去一個財年,中國城市地區前四大最暢銷機型都被蘋果包攬。摩根士丹利分析師Erik Woodring提到,新機iPhone 15 Pro和iPhone 15 Pro Max目前供不應求,蘋果CFO盧卡則預計2024年第一財季可以恢復供需平衡的狀態,並表示蘋果「正努力交付訂單」。Evercore ISI分析師Amit Daryanani亦關心蘋果頭顯Vision Pro的情況,庫克回復表示該產品的市場熱度較高,研發支出有所增加,部分體驗感較好的產品也即將面世令人期待。 就在財報發佈不久前,庫克曾於10月18日到訪立訊精密浙江工廠,立訊精密董事長王來春陪同參觀。庫克表示,蘋果在華持續推進綠色製造、智能製造,不斷豐富開發者生態,與產業鏈供應鏈夥伴共同成長。此舉被外界視為對中國市場的友好親近表態,中國供應商仍是蘋果生產環節的中流砥柱。而立訊精密作為蘋果供應鏈中十分重要的成員企業,目前負責iPhone手機、Apple Watch手錶、Airpods耳機和Vision Pro頭顯的開發和製造服務,從多元化的零部件、模組到整機系統組裝,提供一體化的綜合解決方案。 据悉,立訊精密與蘋果已經合作十多年,積極響應蘋果的清潔能源計劃,承諾在2030年前實現為蘋果生產的碳中和。王來春透露,立訊精密正在為明年初即將面世的蘋果頭顯做生產準備,此前天風國際分析師郭明錤估Vision Pro在2024年的出货量至多为40–60万部,該產品目前得到多位開發者的積極反饋,前景獲得市場看好。 受益於蘋果新品的推出,幾家供應商通過多元化佈局也不斷取得進展。立訊精密此前發佈三季度報告,2023年前三季度實現總營收1558.75億元人民幣,同比增長7.31%;Q3淨利潤30.18億元人民幣,同比增長15.37%,業績優於過往;有分析師料其頭顯組裝業務有望引領下一代消費電子創新浪潮,為XR產業鏈帶來潛力和價值空間,汽車和通訊板塊業務也有較大增長。另一邊,早前大手筆收購捷普擴大蘋果產品線的比亞迪電子,Q3實現收入359.6億元人民幣,同比增長31%,得益於蘋果、汽車和戶用儲能業務延續拉動業績增長,並有望在24年繼續增厚利潤。 近日,高盛將蘋果目標價從213美元上調至227美元,認為蘋果Q4盈利超出預期。iPhone手機作為蘋果的明星產品,本季中國區營收創歷史新高,交出一份滿意的答卷。庫克對中國市場前景持樂觀態度,加之各大供應鏈企業Q3業績可圈可點,相信蘋果2024年也能為市場帶來新的驚喜。 話題 Press release summary 部門 Electronics https://www.acnnewswire.com From the Asia Corporate News Network Copyright © 2023 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network. The article is provided by […]

$500k Nailwal Fellowship Selects Eight Fellows Leaving Web2 Careers for Web3 in Inaugural Class

Fellows Chosen by Polygon Founder Sandeep Nailwal Include Those Leaving Universities and Careers from Google, Harvard Business School, Goldman Sachs, and Stanford. Two Spots Remain in the Fellowship, Reserved for Female Candidates, as the Initial Wave of Applicants Were 93% Male. DUBAI, UAE, November 15, 2023 – (SeaPRwire) – The Nailwal Fellowship, the first and […]

德视佳眼科热烈庆祝毗邻香港时代广场高端购物中心的旗舰诊所开业

香港, November 14, 2023 – (SeaPRwire) – 视力矫正服务供货商 – 德视佳国际眼科有限公司(「德视佳眼科」或「公司」,连同其附属公司统称「集团」,香港联交所股票代码:1846)宣布位于香港铜锣湾旗舰眼科中心盛大开幕。该眼科中心位于香港豪华购物区铜锣湾时代广场附近,面积超8,000平方英尺。 德视佳香港拥有完成德国培训之国际医疗前线团队,结合多元化的眼科检查仪器和个性化的眼科治疗计划,以提供全面眼科检查以及多元化治疗方案。该诊所提供视力矫正、老花矫视、白内障和其他屈光不正等的治疗方案,配备来自德国蔡司之Smile Pro®的激光矫视仪器。 作为一种微创治疗,Smile Pro®是一种温和的眼科矫视手术,也是德视佳眼科针对近视矫正的其中一种矫视方案。德视佳眼科还为老花患者提供一系列现代且安全的激光眼科矫视及治疗方式,术后从此摆脱眼镜,感受「无镜」的自由。老花是一种常见疾病,通常会令 45 岁以上人群感到困扰,因晶体自然衰老而导致眼睛逐渐丧失聚焦近物之能力。这些治疗方案都可改善视力,使患者「与眼镜说再见」。 德视佳香港旗舰眼科中心取代了高级时尚品牌Parda的前亚洲旗舰店,占地两层并拥有一间陈设室。其装潢设计独特,面向香港时代广场的活力步行街区及热门旅游景点,交通便利。香港旗舰眼科中心还设有举办眼部健康讲座及各类眼科教育活动的验光中心,供公众了解不同的眼部健康信息。 德视佳眼科创始人、董事长兼首席执行官约恩‧约根森博士表示:「德视佳眼科在港岛豪华购物街区中心地区建立旗舰眼科中心是公司发展前进道路上的一大步。凭借在德国完成培训的医疗人员、宽敞的诊所和优秀的设备,我们已经做好准备,满足香港地区日益增长的对优质眼科护理的需求。由于长时间地使用数码产品,近视患病率呈上升趋势,据弗若斯特沙利文预测,到2025年,大约将有400万或一半的香港居民受到近视的影响。此外,香港老花患者人口预计将从2020年的330万增加至2025年的360万,而香港的白内障患者人数预计将从2020年的60万增加至2025年的90万,年复合增长率为6.9%。」 德视佳眼科与德国光学系统和光电子产品制造商蔡司保持着长期合作伙伴关系,因技术能力被认证为德国蔡司的全球卓越中心。此外,德视佳眼科于2021年再次荣获「hat trick goal」奖,包括:全球蔡司三焦点人工晶体植入数量最多、欧洲ICL晶体植入治疗近视手术量最多和欧洲SMILE Pro激光眼科手术最多。 作为香港联交所上市公司,德视佳眼科是最具盈利能力的香港上市眼科诊所之一,EBITDA利润率位列香港上市眼科诊所中首位,净利润率位列第二。8月,公司公布2023年上半年收入3.464亿港元及毛利1.676亿港元,同比分别增长9.7%及17.6%,创历史新高。Covid-19政策解除后的强劲反弹凸显了欧洲和中国对优质眼科治疗的需求。公司管理层一直致力精简营运,公司EBITDA上升23.6%至1.417亿港元,EBITDA利润率上升至40.9%。此外,截至 2023年9 月 30 日的第三季度报告显示,公司进行了 6,993 例眼科手术,较 2022 年同期的 5,967 例眼科手术增长了 17%。 德视佳香港是德视佳国际眼科集团(EE)的成员,在北京、伦敦、柏林、哥本哈根、杜塞尔多夫、法兰克福、汉堡、香港、慕尼黑、上海、深圳和广州设有旗舰诊所。 关于德视佳国际眼科有限公司 德视佳眼科成立于 1993 年,主要提供服务为视力矫正,集团将德国眼科医学及个性化的客户服务相结合。德视佳眼科是为数不多,具有广泛地理覆盖范围的眼科诊所之一,业务遍及德国、丹麦、中国及英国。该集团的视力矫正服务包括:(i)屈光激光手术(包括 ReLEx Smile和 Femto LASIK); (ii)晶体植入手术(ICL); (iii)晶状体置换手术(包括单焦点和三焦点晶状体置换手术)和(iv)其他(包括 PRK / LASEK和ICRS 植入术)。新闻稿中的信息适用于全球范围内的整个集团,不限于香港德视佳。 话题 Press release summary 部门 Healthcare & Pharm https://www.acnnewswire.com […]

Novationwire Debuts AI-EDITOR, the AI-Powered Editing Tool to Boost Press Release Performance

SINGAPORE, November 14, 2023 – (SeaPRwire) – Novationwire (https://www.novationwire.com/), a leading press release distribution company, has announced the launch of its proprietary AI-powered editing tool designed to boost press release performance. Dubbed AI-EDITOR, the artificial intelligence assistant leverages natural language processing and machine learning algorithms to rewrite press releases for improved readability, engagement and search […]

ソフトバンク、富士通のディスアグリゲーション型光伝送装置を採用したAll optical networkを、全国伝送網のコア領域へ展開完了

世界初、All optical networkへの水冷トランスポンダー技術の適用により、消費電力を最大90%削減し、ネットワークのグリーン化を実現 東京, November 13, 2023 – (SeaPRwire) – ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、環境負荷の少ない通信インフラ構築を目指したネットワークのグリーン化のために、富士通株式会社(以下「富士通」)の次世代光伝送装置「1FINITY Ultra Optical System T900」(以下、「1FINITY T900」)をはじめとする、オープンネットワークに対応したディスアグリゲーション型(注1)光伝送システムによるAll optical networkのコア領域での全国展開を10月26日に完了しました。 今回、ソフトバンクが全国展開を完了したAll optical networkは、通信ネットワークの全ての領域に光の技術を用いています。富士通の次世代光伝送システムを用いたAll optical networkは、All optical技術対応機器との接続および水冷トランスポンダー技術の適用により、消費電力を従来比(注2)最大90%削減しました。また、従来型設備との接続時も、最新の光電変換技術により従来比(注2)約50%の低消費電力化を実現し、あらゆる接続環境で高い電力効率を発揮できる環境配慮型ネットワークです。また、通信性能の向上も図り、1対の光ファイバーを用いて、従来(注2)の約2倍となる最大48.8Tbpsの大容量・高速伝送も実現しています。 ソフトバンクは、本光伝送システムの導入により、今後のBeyond 5G(第5世代の次の世代の移動通信システム)/6G(第6世代移動通信システム)を見据えて、増え続けるデータ通信の需要を満たしながら、カーボンニュートラルを実現するネットワークの構築を目指します。 ソフトバンクと富士通は、最先端技術を活用して社会や人々が抱える課題を解決し、SDGs(持続可能な開発目標)が目指す社会の実現に貢献していきます。 ソフトバンクが導入した光伝送システムの主な特長 All optical networkとIPネットワークの融合 ソフトバンクのIPルーターに、長距離伝送可能なコヒーレント型(注3)光トランシーバー(DCO)を搭載し、ソフトバンクの要件に合わせて今回富士通が新規開発した「1FINITY L211」を用いて接続することで、光伝送システム内での光電変換を一切行わずに、All optical接続を可能にしました。これにより、従来比最大90%の消費電力削減を実現しました。また、一般的なAll optical networkで課題となるルーティングのスケール(拡張性)については、ソフトバンクのSRv6(セグメントルーティングIPv6)などのIPネットワーク技術を活用することで、柔軟なネットワークを実現しています。 クローズドループ型水冷技術の導入 All optical接続が難しい既存機器との接続においても、大幅な環境性能の向上を図るため、富士通の「1FINITY T900」では、世界で初めて(注4)光伝送システムに水冷トランスポンダー技術を適用しました。これにより、冷却効率は従来の空冷システムと比較して2倍となり、2RU(Rack Unit)サイズの筐体に最新のコヒーレントデバイスを12基搭載することで、400GbEを36本収容可能とし、ソフトバンクが従来使用している機器と比較し、収容密度を4倍に向上、消費電力を約50%削減しました。また、冷却構造を全て装置内に収めるクローズドループ型とすることで、ファシリティーの改修を不要にし、期待寿命20年の高信頼性とメンテナンスフリーのシステムを実現しました。 ディスアグリゲーション型C+L ROADMアーキテクチャーの採用 従来装置では、CバンドまたはLバンドのいずれかを使用していましたが、今回両方を同時に使用することで、1対の光ファイバー当たりの帯域を従来(注2)の約2倍に拡張しました。また、ディスアグリゲーション型C+L ROADMアーキテクチャーにより必要に応じたシステムアップを可能とし、Cバンドのみで開通後、後からLバンドを追加することができ、通信トラフィックの需要に応じた柔軟な機器の構成が可能となります。不要な機材を初期搭載することなく、低消費電力で投資効率の良い柔軟なネットワークを実現しています。 詳細につきましては下記サイトをご参照ください。https://pr.fujitsu.com/jp/news/2023/11/10.html 概要: 富士通株式会社 詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。 トピック: Press release summary Source: Fujitsu Ltd セクター: Cloud & […]